神戸北野 高級フレンチ ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野

HOME > コンセプト

グラシアニ邸について

北野付近の航空写真(昭和39年)

旧グラシアニ邸 歴史が息づく、シックなたたずまい。

ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野がある神戸・北野町は、港町としては初めて国から重要伝統的建築物群保存地区として選定された日本屈指の美しい街です。
明治期の半ばから大正期にかけて、神戸港の居留地に仕事場を構える外国人たちが西洋式の邸宅を建て、ここに移り住みました。
その一つが、旧グラシアニ邸です。

グラシアニ夫人

百年前、とあるフランス人の一家が、神戸の街を住まいに定めました。貿易をなりわいとしたと思われるその一家が、ふるさとのスタイルをそのままに建てたのがグラシアニ邸です。

それは明治41年のこと。北野の街にしっくりとなじむ、木造2階建て、煙突のあるしゃれた洋館でした。グラシアニ家が、こよなく愛した邸宅は、その当時の端正な姿を大切に守り続け、現在は他の異人館同様、伝統的建築物として指定・保護されています。